So-net無料ブログ作成

「年下だけど、舐められたい」

「年下だけど、舐められたい」

スクリーンショット 2015-08-30 1.36.04.png


普段、主人公の「平原」はトイレの中で部下達が自分の悪口を言っているのを、虚しい気持ちで聞いていたが、主任であるにも関わらず、上手く部下を叱れず、すっかりお局ポジションが板についてしまった惨めな立場をかみしめていた。

嫌われるのも給料のうちだと割り切って考えていたが、ある日、少し年上の女性上司平原は、年下のイケメン岡田に無理やり体を奪われてしいましたが、岡田に抱きしめられながら「好き」だとささやかれ、思わず岡田の言葉を信じてしまいました。少し真面目で、男女の関係に奥手な女性上司の平原は「私も好きだ」と返事しないとダメだと考えながら朝の出勤を迎えました。平原は同僚の男性主任の白井に会い、彼に昨日の岡田とのやりとりの場面を心配される。

思わず昨日のセックスを思い出して少し、赤面していると、そこへイケメンで女子から人気はあるがうさんくさい岡田篤志が、現れて昨日平原を、ほって帰った事をわびて、「俺がいなくて寂しかった」かととささやかれると素直な平原は顔を赤らめて(純情な平原さん)「少し」と正直に答えると、「正直にかわいいなぁ」と岡田にからかわれるが、そこへ同僚の遠野が現れて「俺がやればよかった」と不思議な言葉をささやくと、岡田が遠野をさえぎる。

平原の純情な思いとは裏腹に、どうやら、岡田は平原を弄んだようで、この先事態はどうなっていくのか・・・でも主題の通り「舐められたい」平原が女の欲に引きずられてこにままズルズルと関係を続けていくのか?それとももっと惨めな状況に追い込まれるのか?
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。