So-net無料ブログ作成

不機嫌な先生

スクリーンショット 2015-08-06 22.53.15.png

不機嫌な先生
著 山口ねね

主人公は女子高に通う、3年生の塔子。
事故が原因で3年生でありながらも20歳という年齢です。
「不機嫌な先生」のヒーロー役は、タイトルにもある通り“教師”、猿渡。

猿渡は塔子のクラスの担任であり、教科は国語を受け持っています。
けだるげな表情がとてもよく似合う、一言で表すとすればイケメン先生。
他の女子生徒からの支持率も高く、本気で猿渡に告白する生徒も後を絶ちません。
そんな中、塔子は趣味の小説を書くのに夢中です。
友人こそいるものの、やはり年齢に劣等感を持ち、
クラスメイトが盛り上がる輪に加われないのです。

そして塔子にはもうひとつ悩みがありました。
それは「貧乳」です。

ある夏の日、塔子は学生生活をがらりと変える事件に遭遇しました。

プールの授業で友人らにからかわれ、水着を引っ張られて貧乳があらわになってしまうのです。
さらにあろうことか、例のアイドル的存在である猿渡に見られてしまいます!

貧乳にも望みはあると信じていた塔子でしたが、
塔子の胸を見てあまりにもガッカリした表情の猿渡を目の当たりにし…。
羞恥よりも“怒り”と“落ち込み”が全面に出てきた塔子は、
その日にあった出来事を理想の展開に改ざんして小説にしたためていきます。

ここからがドキドキの急展開。
なんと書いていた小説を猿渡に見られ、しかも没収までされます!

「不機嫌な先生」は、こうだったら…ああだったら…という女の子の大人びた想像が、
そのまま作品になったかのような漫画ですね。
学生時代の甘酸っぱさを思い出させてくれる、ドキドキの展開に胸が躍ります。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。